2018年02月18日

奨学金

生活する上での今までの大きな懸案事項は学生時代の学資ローンでした。学生支援機構の奨学金です。全部でいくら借りていたかは言いたくないくらいだいぶ借りていました。現在の残りは200万円弱で、返済期間は繰り上げ返済をしない場合あと10年弱です。月々の返済額は2万円でおつりが出るくらいです。

奨学金という名前を学資ローンとか学生ローンとするのは賛成ですがまぁ無理でしょうね。学生支援機構的には自らを金融機関という看板にしたくはないでしょうし、銀行等の一般的な教育ローンを提供している団体からも反対されないかな。金融機関だとすれば「奨学金」のローンの金利はかなり有利な割合ですからだれも銀行を使わなくなるかもしれませんからね。

この時期になりますと、奨学金の返済ができなくてつらい、自己破産しました、なんて記事が出てきます。大学別の未返済のランキングもあり、見てみました。しかし大学ってたくさんあり、奨学金を利用している人は本当にかなりいるんだなぁ、学生支援機構って本当に大きな金融機関ですね、こりゃ儲かってますね、というのが素直な感想です。大学だけでなく専門学校とかもあるでしょうから、かなり大きな金融機関なんですね。一種だけ利用している人はどれくらいいるんでしょうか。薄利多売だとしても利益がすごそうです。

高校生のときから奨学金を利用する人もいるでしょうが、大部分は高校卒業後の高等教育で利用される方が大半ではないでしょうか。ご利用は計画的に、とは言いますが、18歳で将来の収入と生活費の支出がどれくらいになるのかを想像するのはほぼ不可能でしょう。親との相談は必須だと思います。親身になってくれる学校の先生もいるかもしれませんが所詮他人です。進学率を上げたくて専門学校よりも大学を進めますからね。

もちろんローンはないにこしたことはないですが、借りなければ希望する教育が受けられないのであれば、そして返済のことを考えるのであれば、最大で400万円くらいまでなら何とかなるのではないでしょうか。大学4年間で400万円借りるとしたら、だいたい月々8万円の奨学金を4年間ですね。卒業後、年間50万円を返済にあてると考えれば8年程度で完済です。22,23歳で働き始めてだいたい30歳で返済が終わる計算です。20代後半で結婚、子供ができたとしてもまぁなんとか残りを早めに返済できそうです。400万円だったとすると、学生支援機構への返済は20年で返してね、となるでしょうから大体月に17,000円程度で年間にすると20万円程度。これに自力でもう30万円返済する感じで、8年程度頑張る計算です。これでも返済中はきついと思いますが、無理ではなさそうです。きつかったら無理に繰り上げ返済しなくてもいいですし。

もう少しざっくり計算してみると、初任給20万円とすると、手取りはざっくり7掛けとしたら14万円。家賃6万円、食費2万円、その他生活費で2万円使ったとすると残り4万円、その中から返済1.7万円で残り2.3万円。実家住まいだとしたら、実家に生活費5万入れるとすると9万円手元に残って返済1.7万円で残りは7.3万円。これにボーナス、副業、節約などで頑張って年間もう30万円返済できればスッキリと30代を迎えられる、かもしれないという計算となります。400万円以下の奨学金でしたらもっと楽な返済になりますね。400万円を超えてしまうときつくなるかな。30歳超えますと結婚や子供や住宅ローンなんかも視野に入ってくるでしょうし、なるべく20代でほぼほぼ終わらせておきたいところだと思います。

学生支援機構の場合、収入が低いために返済の猶予が適用されるのは年収300万円以下、減額返済が適用されるのは年収325万円以下の場合だそうです。年収を300万円でボーナスがないとした場合、単純計算で月25万円の収入、ざっくり7掛けをすると手取りは17.5万円となり、もろもろ生活費を考えると・・・といった計算もあらかじめできます。

こういう話し合いを親御さんと高校生のお子さんでするといいですよね、貸与型の奨学金を利用するのであれば。年収がいくらだ、生活費にこれくらいかかる、という話は高校生には実感がわかないでしょうし、借金の名義はお子さんですからね。卒業後の就職を予測するのは難しいでしょうが、ざっくりでも想像して心の準備をしておいてもいいでしょうね。卒業前の就職活動も真剣に取り組んでくれるかもしれません。進学先を大学にこだわらずとも、資格の取れる専門学校でもいいでしょうし、いっそのこと奨学金を借りずに高卒から就職してコツコツ働くのもいいのでは。

つわものは低金利と20年間の返済を見越して借りれるだけ借りて、学生時代に運用したり起業でもしちゃうのでしょうか?銀行で学生ローンを利用したら金利は3%前後、繰上げ返済するにも手数料取るところもありますから、それと比べればかなり利子は安いですから借りてしまえ、それを種銭として一儲け・・・と。でも学業以外の目的では使えないのかな?よっぽどビジネスの才能があったり高給な職に就かないと危険ですね。

何も考えずに借りちゃった、今現在返しているけどしんどい、という人はあきらめてコツコツ返していきましょう。これから借りる人は最大でトータル400万円までを目安にするといいのでは。400万円でも返済はきついと思います。300万円以内だとまぁまぁ大丈夫かな。家庭の都合上学費は全部自分で、という人はかなりの覚悟が必要です。そういう人は進学先を慎重に選び、ネットで情報を得て計算機片手によくよく計算してください。お子さんがいらっしゃる場合は学資保険などでできるだけ貯金を用意してあげると将来のお子さんからの親孝行もよくなるかもしれませんね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外OLへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ

外務省 海外安全ホームページ
posted by Satoko at 10:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

2018年1月末の資産

2018年1月末の資産。

過去3社分合計の年金額
先月末 $31,983.07
今月末 $32,232.24
差額 +$249.17

現在の401k
先月末 $7,397.96
自己拠出 $1,271.45
今月末 $8,990.49
差額 +$321.08

現在のHSA
先月末 $3,407.32
自己拠出 $0
今月末 $3,504.81
差額 +$97.49

確定申告の時期です。税金の還付の後、個人のIRAを始めようかなと思います。今はどのブローカーにしようか考え中です。今年は帰省するのでそれまでは401kの自己拠出を減らして滞在費となる現金を確保し、戻ったらHSA、次に401kに拠出していこうと思います。余裕があれば株なんかも始められたらなと勉強中です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外OLへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ

外務省 海外安全ホームページ
posted by Satoko at 09:46| Comment(0) | 2018年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年1月の家計簿

今月の決算。

予算 $2,000.00

支出
 家賃 $895.00
 電気 $29.42
 インターネット $59.99
 車費 $62.97
 食費 $119.31
 日用品 $104.28
 その他 $2.95

支出合計 $1,273.92
残高  $726.08
収入  $3,077.31
収支合計  $3,803.39
来月予算  $2,000.00
今月残り  $1,803.39

今月の給料明細を見たのですが、先月決めた会社の保険の選択を若干ミスったような気がします。考えすぎて余計な保険を付けてしまったような。今年分はもう変更できないのでどうしようもありません。今月はアウトレットモールへ行って革の手袋と靴を買いました。定価の10%引きからの半額でかなり安く手に入れられました。部屋の掃除で昔買った雑誌をいくつか処分しました。経済系の、「100万円貯める」「1,000万円貯める」系の特集雑誌を捨てました。今後この手の雑誌買うことはなさそうです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外OLへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ

外務省 海外安全ホームページ
posted by Satoko at 09:01| Comment(0) | 2018年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

2017年末の資産

資産、と言ってもそんなにありません。今まで勤めた会社での401kの推移をみていきたいと思います。今まで3社で年金の積み立てをしてきました。この3社分は元金を増やすことができません。ロールオーバーすることもできるでしょうが、このまま置いてどのくらい運用益があるのかみたいと思います。現在の会社で401kとHSAへ拠出して運用をしています。この運用益もみていきます。

過去3社分合計の現在の年金額 $31,983.07
現在の401k $7,397.96
現在のHSA $3,407.32
総計 $42,788.35

これが2018年末にどれくらいになるのか楽しみです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外OLへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ

外務省 海外安全ホームページ
posted by Satoko at 18:19| Comment(0) | 2018年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月

今月の決算。

予算 $2,000.00

支出
 家賃 $895.00
 電気 $26.33
 インターネット $59.99
 車費 $63.31
 食費 $264.59
 日用品 $40.20
 その他 $2.95

支出合計 $1,352.37
残高  $647.63
収入  $2,374.24
収支合計  $3,021.87
来月予算  $2,000.00
今月残り  $1,021.87

先月のサンクスギビングと同様、クリスマスも何も買いませんでした。年末ということもあってお刺身を買ったくらです。月末に預金の大半を日本に送金しておいたのですっからかん状態で2018年を迎えます。お金はいくらあっても足りません。来年も生活費月$2,000.00計算でいきたいと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外OLへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ

外務省 海外安全ホームページ
posted by Satoko at 17:06| Comment(0) | 2017年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする